Dr.Osamu の独り言 === 歯も心も健康に! ===

インプラントの寿命を考える。28年前のインプラントからの考察。

「インプラントをしたら、どれくらいもちますか?」と、よく患者様から聞かれます。

実際どれくらい持つのでしょう?

 

現在のインプラントはネジのような形をしていますが、昔のインプラントは板状でした。

この患者様の右下の奥歯(レントゲンでは左下)に入っているのは28年前に当院で植え込みをした板状のインプラント(ブレードインプラント)です。

残念ながら揺れてきてしまい、抜去しました。

 

昔のインプラントは表面がツルツルで、骨とは細胞レベルで結合していません。

つまり骨の中に刺さって引っかかっているだけです。

 

現在のインプラントは表面がザラザラで、骨と細胞レベルで結合しています。

その分だけ強固に固定されている訳です。

 

旧式のインプラントが28年もつのであれば、最新のインプラントはそれ以上もつと考えて妥当と思います。

勿論きちんとお手入れが出来ていればですが。

 

この患者様はもう一度インプラントをご希望されておりますので、しっかりと骨を作り直し、最新のインプラントを植え込む予定です。

 

お手入れがしっかり出来る方ですので、今度のインプラントはきっと一生ものでしょうね!

千葉市中央区|診療予約|おぎはら歯科クリニック

Copyright © おぎはら歯科クリニック All Rights Reserved.