Dr.Osamu の独り言 === 歯も心も健康に! ===

季節の変わり目と自律神経失調症

久し振りのブログ更新となります。

さて、最近急に寒くなったせいか、体調を崩しておられる患者様が多いです。

季節の変わり目は自律神経のバランスを崩しやすいですね。

 

体の神経は知覚神経、運動神経、自律神経と分かれます。

知覚神経は視覚、聴覚、触覚、味覚など、外部からの信号を受け取る神経。

運動神経は筋肉を動かす神経ですね。

自律神経というのは、自分の意思とは別に、体が自然に体のバランスを取る神経です。

例えば心臓を動かしたり、体温を調節したり、睡眠や消化をコントロールします。

 

そしてその自律神経はさらに交感神経と副交感神経に分かれます。

交感神経は体を活発にする神経、車で例えるならアクセルになります。

何かに集中したり力が入った時、またはストレスを感じた時に優位になります。

副交感神経は体を休める神経、車ではブレーキというところでしょうか。

リラックスしている時や睡眠時に優位になります。

 

自律神経失調症とは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態を言います。

季節の変わり目や長期的な強いストレスにさらされるとなることが多いと言われています。

 

さて、自律神経失調症ぎみな時、つまり「最近体調がすぐれないな。」という場合、どうしたら良いでしょう?

季節を変える事はできませんし、ストレスも急にはなくなりませんね。

しかし自律神経を鍛えることはできます。

これを「自律神経訓練法」と言います。

 

簡単な方法としては「体が温かい」「体が重たい」と念じながら(笑)、実際にそう感じているように意識します。

お風呂につかりながらや寝る前の布団の中が効果的です。

 

私は数年前よりこのトレーニングを心がけるようにしており、自分の意思で血圧を下げたり脈拍数を下げたりすることが出来るようになりました。

 

ドクターの私が言うのもおかしな話ですが、体調を崩した時は本来、薬や治療に頼るのは好ましくありません。

動物は病気や怪我をした時も、自分の体の力で治します。

それが本来の生き物の在り方であり、理想です。

 

定期検診はとても大切ですが、ぜひ病院とは御縁が少ない丈夫な体を作って下さい。

千葉市中央区|診療予約|おぎはら歯科クリニック

Copyright © おぎはら歯科クリニック All Rights Reserved.